ブログ

できる歯科医師できない歯科医師

若手の勤務医でも
非常に優秀な先生がいます。

一方でベテランの勤務医でも
「使えない」と院長が仰ることもあります。
 
非常に優秀な若手の先生の特徴は
「なりたい姿」に対して
何が必要かということが
分かっているということです。

「なりたい姿」を言える
若手Dr.は少なくありません。
 
ただ、
そこへたどり着くために
何をいつまでにどの順番で
修得して行けば良いかが
明確に言える若手Dr.は
少ないのではないでしょうか?
 
このような差が
将来の実力だけでなく
直近の実力にも大きく
関わっているような気がします。
 
もし、
若手の勤務医の先生が
「なりたい姿」に対して
アプローチが不明瞭なら
そこを埋めるのは
院長の仕事かもしれません。
  
もちろん、その描いた
アプローチ通りにはいきませんが
それを描かなければ
時間だけが
過ぎ去っていきます。
 
お互いに不幸にならないためにも
確認されておくと良いですね。

関連記事

  1. 思い込み
  2. 患者さんから聞かれたら困る質問
  3. 医院で買っている書籍、活かせていますか?
  4. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
  5. 歯科医院経営 トリートメントコーディネーターの育成について
  6. 歯周病と2型糖尿病の関係
  7. 歯科医院経営 管理栄養士の活用について
  8. 感情をこめない効果
PAGE TOP