ブログ

日本発の新しい骨補填材

九州大学(石川邦夫教授)が
骨の主成分である「炭酸アパタイト」を顆粒状にした
新しい人工骨材料を開発し、
歯のインプラント手術にも使える製品として
実用化したそうです。

粉末状の炭酸アパタイトの製造技術は
以前からあったものの、
粉末のまま体に入れると
炎症を引き起こす難点があったようですね。

治験の結果、
2回法でも1回でも、
患者の骨と新材料、インプラントが一体化し、
咬合支持力も十分だったようです。 

自家骨採取はこれで
必要なくなる可能性が
出てきたんでしょうね。

どんどん新しい素材が
開発され治療の範囲も広がりそうです。

ちなみに製品名は
GCの「サイトランスグラニュール」です。

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.50 【患者さんとの信頼関係を築く】
  2. カンファレンスの効果
  3. 医療広告ガイドラインについて
  4. 他の歯科医院との差別化に欠かせないツール
  5. 歯科医院経営 トリートメントコーディネーターの育成について
  6. 医院で買っている書籍、活かせていますか?
  7. 歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】
  8. 健康意識の高まりを歯科医院経営に活かす
PAGE TOP