ブログ

20代から問題になる”ロコモティブシンドローム”

ロコモティブシンドロームとは
運動器の障害によって移動機能の低下をきたした状態を指します。

介護の一歩手前の状況です。

そして、一度この状況に入ったら
なかなか抜け出せず、要介護になる・・・

そんな恐ろしい症状のことです。

このロコモティブシンドロームですが
60代以降に関係する症状のイメージです。

ところが60代になってから
急激に運動機能が低下するわけではなく、
個人差が大きくなるのが
60代以降ということだそうです。
 
実際に20・30代女性の中の
30%に移動機能障害が
すでに始まっている傾向が見られ、
さらに4%に「障害が進行中」という
調査結果が出たのだとか。
(丸の内で働く20代・30代女性352人が対象)

運動器を維持するためには
適度な運動と
栄養の摂取が必要です。

栄養もエネルギーではなく
運動器を維持するためのものが必要です。

今はまだ若いから関係ない…
そんなことは無いというデータとして使えそうですね。

若いうちからしっかりケアすることが重要ですね。

関連記事

  1. 歯周病菌とアルツハイマー型認知症
  2. 感情をこめない効果
  3. 若返りへの欲求
  4. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
  5. 2016年の健康寿命
  6. 食事の楽しみと口腔ケア
  7. 健康意識の高まりを歯科医院経営に活かす
  8. コトバを「省略」するリスク
PAGE TOP