ブログ

サルコペニア肥満

最近、TVでは健康関連の番組も増え、
生活習慣病やメタボリックシンドロームなど、
運動不足・生活習慣から引き起こされるものが
注目度を増してきているように感じます。
 
最近話題になっているもの中に
『サルコペニア肥満』というものがあります。
 
サルコペニアとは
「サルコ=筋肉」「ペニア=減少」という意味で
加齢による筋肉減少のことを示します。
 
1989年 Irwin Rosenbergが、
米国栄養学会雑誌にて

加齢による筋肉の減少を
サルコペニアと名付け提案したのが
始まりとされています。
 
『サルコペニア肥満』とは
筋肉が減少した代わりに
脂肪がついた肥満状態のことをさし
その特徴は、
減少した筋肉の代わりに
脂肪が入り込んでしまい、
一見普通の体型に
見えてしまうというところです。
 
この状態になると、
糖尿病や心筋梗塞などの
リスクが非常に高まるそうです。
 
また、
運動不足や食事制限のみの
ダイエットなどによる
筋肉の老化が原因とされています。
 
口腔環境の悪化により
食事に制限ができると
サルコペニア、
そして介護のリスクも高まります。

口腔環境と介護の関係を説明する時には
そのほかにも
● オーラルフレイル
● メタボリックシンドローム
● ロコモティブシンドローム
● フレイル
などが関係してきます。

皆さんはこれらの言葉を使って
患者さんに”分かりやすく”
お口と要介護用支援の関係を説明できますか?

関連記事

  1. 歯科医師のケアががん手術後の死亡率を減少させる
  2. 20代から問題になる”ロコモティブシンドローム”
  3. ADLからお口の興味を高める
  4. 高齢者における残存歯と睡眠時間の関係
  5. 歯科医院経営通信Vol.70「 コミュニケーション心理学 「5感…
  6. 介護殺人
  7. 歯科医院経営通信Vol.53【自費治療に抵抗があるスタッフの処方…
  8. 健康意識を高めるために
PAGE TOP