ブログ

歯周病と2型糖尿病の関係

歯周病と糖尿病の
関連性が様々な研究により
示されてきています。

最近、
歯周病が隠れた糖尿病の徴候である可能性が、
オランダの新しい研究で示されました。
   
この研究によると、
重度の歯周病の5人に1人は
2型糖尿病に罹患しており
しかも患者はそのことに
気付いていなかったそうです。
 
歯周病の有無によって
2型糖尿病の
スクリーニングになる可能性が
ありそうですね。

現在
色々な研究がされている中で
糖尿病だと歯周病のリスクが高いく
歯周病だと糖尿病のリスクが高いと
言われていることが多いです。
 
歯科に来られていて
糖尿病に罹患された患者さんも一定数います。
 
その方々には
歯周病も糖尿病も
しっかり治療してもらわなければ
負のサイクルから抜け出せません。

実際に、本気にならない患者さんがいるようで
その対策のツールを作成しました。

情報は口頭だけよりも
何か目に見える状態にする方が
さらに伝わる力が高まります。

普段何気なく伝えている情報の中に
形にしておくべきものはありませんか??

関連記事

  1. 11月11日はPockyの日!
  2. 歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】
  3. 歯科医院経営通信Vol.55【「そんなに長生きしないから保険でい…
  4. 嚥下力が落ちた人向けの外食
  5. ヘルペスとアルツハイマー
  6. 呼吸機能と歯周病
  7. できるスタッフと言われる為に
  8. 健康寿命がTVに頻出する時代
PAGE TOP