ブログ

歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】

◆ 歯科医院における説明の目的

前回は、
患者さんが満足する理由の2位である
「説明をしっかりしてくれる医院」という点を
実現するためのポイントを見ていきました。

こちらから一方的に説明することが
「説明をしっかりしてくれる医院」に
必ずしも結びつくとは言えません。

患者さんが困っていることと求めていることを
強く認識していただく、
思い出してもらうことが必要です。

そして、説明の目的は
説明すること自体ではありません。

歯科医院における説明の目的は
患者さんに何かしらの行動を
してもらうことにあります。 

◆ 行動を促す方法は古代から変わらない

古代ギリシャの哲学者であるアリストテレス。

皆さんもご存知だと思います。
知らない方も名前ぐらいは
知っていると思います。

アリストテレスは
人を動かすためには・・・

続きは無料メルマガで…

お申し込みはこちらから

www.seto-co.jp/sendmail/index.php

関連記事

  1. 自費の補綴物の説明で陥りがちな間違い
  2. フレイルの予防
  3. 歯科医院経営通信Vol.57 「コミュニケーションで業績を伸ばす…
  4. 新患に頼らない歯科医院経営
  5. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  6. 医療広告ガイドラインについて
  7. 第25回口腔保健シンポジウム
  8. 歯科医院経営通信Vol.63 「リタイヤ後の人生も豊かなものにす…
PAGE TOP