ブログ

投資したものを回収する必要性

治療技術と設備投資にお金をかけている…。
 
そんな医院も少なくないのではないでしょうか。

一方で、その投資回収ができていないと
悩まれている医院も少なくありません。
 
根治やメンテのために、マイクロスコープを導入している
即日審美のために、セレックを導入している
滅菌対策で、クラスBの滅菌機を導入している
咬合検査のために、バイトアイを導入している
CADIAX、K7などを導入している

そんな投資をしても
回収できていない・・・。

あるいは、
せっかくの減価償却費があるのに
タックスシールドの恩恵を活用しきれていない…。
 
非常にもったいないことです。

治療技術も同様です。
学んだ治療技術をお金に変えていけない・・・。

治療技術の習得にはお金と時間が必要です。
 
これらの投資を
「別にお金に変えなくてもいい」という考え方は
あとあと自分を苦しめることになります。

それは
新たな治療技術や設備を取り入れるには
またお金がかかるからです。
 
お金に変えなければならない意識がある医院は
治療技術も上がっていきますし、
設備も変わっていきます。

どのようにお金に変えていくかは
治療技術を向上し続けるためにも
欠かせないものかもしれません。

お金に変える方法は
患者さんに”伝わるように”伝えることです。
 
当たり前のことですが
そのためにもコミュニケーションを
磨いていきたいところですね。

関連記事

  1. 昨日、3つのご支援先で内覧会を実施しました
  2. 歯科医院経営通信Vol.54【スタッフ教育で悩んだら】
  3. 治療技術は高いはずなのに自費にならない
  4. 業績に直結する院内ミーティング
  5. 学習する組織
  6. 歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】
  7. 非常時のお口のケア
  8. カンファレンスの効果
PAGE TOP