ブログ

患者さんから聞かれたら困る質問

患者さんに聞かれたら
返答に困るであろう質問や
リアクションがあるはずです。
 
● なぜこんなに(治療が)するんですか?
 
●(自費治療を薦めた時に)
 それだけ薦めるっていうことは
 必ず効果があるんですよね?
 
●そんなに長く生きないから
 私には勿体ないわよ。

こういうものに対する返答は
ある程度統一しておくべきです。
 
もし、聞かれたスタッフが
回答に困って答えられなかったら・・・

或いは
診療室で聞いた答えと
受付で聞いた答えと違う・・・

そんなことになれば
信頼は失墜します。
 
様々なシーンで想定される
困るであろ質問。

ぜひ、ピックアップして
スタッフと話し合いながら
回答を決めてみてください。

一方的に決めるのではなく
『話し合いながら』してくださいね。

関連記事

  1. スタッフのコスト意識
  2. 歯周病と2型糖尿病の関係
  3. 伝えたいことを伝えるツール
  4. 社会的接触と寿命
  5. 自費は、「見た目」か「健康」か「長持ち」か…?
  6. 医院で買っている書籍、活かせていますか?
  7. 歯科医院経営通信Vol.50 【患者さんとの信頼関係を築く】
  8. 国が認めているので良いものに決まっている!
PAGE TOP