ブログ

治療技術は高いはずなのに自費にならない

治療技術は高いはずなのに自費にならない

治療には自信がある
勉強会にも参加し新たな治療技術の研鑽もしている
治療技術にあわせ設備投資もしている

なのに、たまにしか自費にならない

自費をした患者さんは喜んでいるのに…

そういうご相談を受けることがあります。

説明をしていないかというと
しっかり治療技術の説明をされています。
 
説明用のツールを作り
治療が詳しく分かるようになっています。

でも、自費にはなかなかなりません。

治療技術に自信がある医院、先生ほど
こういうことに陥りがちです。
 
これは、
何が起こっているかというと
その治療が
「患者さん自身が必要でない」と
思われているからです。

必要と思わせるために
前回の無料メルマガで取り上げたような
カウンセリングが欠かせません。

また、そもそも
患者さんが治療に全く興味がなければ
お金は付いてきませんから
お口に興味を持ってもらう
アプローチをしなければなりません。
 
このアプローチをしなければ
自費に最初から興味がある人からしか
自費は獲得できないわけです。

治療技術に自信があるけど
自費が獲得できない場合は
お口の興味を上げる方法を
もっともっと取り入れてみると
変わってくるはずです。

関連記事

  1. 低侵襲の外科治療
  2. 学習する組織
  3. 歯科医院経営通信Vol.64「 手元にお金が残る経営」
  4. 自費治療の価値を伝えると自費は頭打ちになる
  5. 義歯とステーキの関係
  6. 歯科医院経営通信Vol.76 「新型コロナウィルス対策   緊急…
  7. 受付の存在意義を再構築する
  8. カンファレンスの効果
PAGE TOP