ブログ

歯周病菌とアルツハイマー型認知症

歯周病菌とアルツハイマー型認知症の
因果関係に関する研究成果が
色々なところからされています。

名古屋市立大学大学院
医学研究科の道川誠教授らに
よるものですと

歯周病によって
アルツハイマー病や認知機能障害が
悪化することを突き止められたそうです。

『歯周病による慢性炎症が脳内に及び、
 アルツハイマー病原因分子である
 たんぱく質「アミロイドβ」の脳内レベルと
 脳内炎症分子のレベルが上昇。
 記憶学習能力が低下したとみられる。』

歯周病菌が起こす
血管の炎症が根本的な原因のようですね。

「口腔環境」と「血管」を繋げるのが
患者さんのお口への興味度を
高めるポイントとなりそうです。

関連記事

  1. 食事の楽しみと口腔ケア
  2. 糖尿病や肥満の人は「オーラルフレイル」のリスクが高い
  3. サンスター「歯の本数が多く、かみ合わせが良いほど医療費が低い」
  4. フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言
  5. 肥満で歯周病が悪化するメカニズム発見 岡山大学
  6. 口腔内細菌による血管炎症はがんの転移を促進する
  7. 2017年の平均寿命
  8. 認知機能は残存歯よりも噛み合わせに関連する
PAGE TOP