ブログ

歯周病菌とアルツハイマー型認知症

歯周病菌とアルツハイマー型認知症の
因果関係に関する研究成果が
色々なところからされています。

名古屋市立大学大学院
医学研究科の道川誠教授らに
よるものですと

歯周病によって
アルツハイマー病や認知機能障害が
悪化することを突き止められたそうです。

『歯周病による慢性炎症が脳内に及び、
 アルツハイマー病原因分子である
 たんぱく質「アミロイドβ」の脳内レベルと
 脳内炎症分子のレベルが上昇。
 記憶学習能力が低下したとみられる。』

歯周病菌が起こす
血管の炎症が根本的な原因のようですね。

「口腔環境」と「血管」を繋げるのが
患者さんのお口への興味度を
高めるポイントとなりそうです。

関連記事

  1. 重度歯周病とCOPD
  2. 健康寿命が長い地域の男性は、歯医者さんによくかかる 京都大学
  3. 歯周病改善に運動療法が有効
  4. コロナフレイル
  5. ガム咀嚼によって唾液中の免疫物質(IgA)が2.5倍に増加
  6. 噛む部位による脳の働き
  7. お米の成分が歯周病を防ぐ?
  8. 自分の歯が1本多いと、うつ症状得点が0.15点減少
PAGE TOP