ブログ

ヘルペスとアルツハイマー

米ASUバナー神経変性疾患研究センターなどの研究チームが
アルツハイマー病の発症にヘルペスウイルスが関係している可能性があるという
研究結果を科学誌ニューロンに発表しました。

研究者はこの結果について、
「アルツハイマーの原因や進行には、
 ウイルスがかかわっている可能性を示す最も説得力のある証拠」と
述べています。

ヘルペスウイルスとアルツハイマー病の関係は
過去の研究でも指摘されています。

ウイルスによる損傷に対する反応として
アルツハイマー病を発症するという説も発表されているが、
まだまだエビデンスとしては弱いものです。

ヘルペスとアルツハイマーの関係は
まだまだ分かりませんが
研究者としては力をいれているもののようです。

たかが口唇ヘルペスではないかもしれませんね。

関連記事

  1. 健康意識を高めるために
  2. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  3. 2017年の平均寿命
  4. お口の健康と体の健康のメカニズムを知る重要性
  5. 歯科医院経営通信Vol.55【「そんなに長生きしないから保険でい…
  6. 歯周病菌とアルツハイマー型認知症
  7. 口の衰えが死亡リスクを高める
  8. 20代から問題になる”ロコモティブシンドローム”
PAGE TOP