ブログ

ヘルペスとアルツハイマー

米ASUバナー神経変性疾患研究センターなどの研究チームが
アルツハイマー病の発症にヘルペスウイルスが関係している可能性があるという
研究結果を科学誌ニューロンに発表しました。

研究者はこの結果について、
「アルツハイマーの原因や進行には、
 ウイルスがかかわっている可能性を示す最も説得力のある証拠」と
述べています。

ヘルペスウイルスとアルツハイマー病の関係は
過去の研究でも指摘されています。

ウイルスによる損傷に対する反応として
アルツハイマー病を発症するという説も発表されているが、
まだまだエビデンスとしては弱いものです。

ヘルペスとアルツハイマーの関係は
まだまだ分かりませんが
研究者としては力をいれているもののようです。

たかが口唇ヘルペスではないかもしれませんね。

関連記事

  1. 健康マイレージ事業
  2. いちごから乳酸菌
  3. 8020ならぬ10020
  4. サルコペニア肥満
  5. お口の健康と体の健康のメカニズムを知る重要性
  6. 口の衰えが死亡リスクを高める
  7. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  8. 平成30年の平均寿命
PAGE TOP