ブログ

コンビニより歯科医院って多いんですよね?

最近、患者さんから
スタッフがこう言われた医院があります。
「コンビニより歯科医院って多いんですよね?」
「予防って意味あるんですか?」

治療終了後も続けてくることに
意味を感じていないのでしょうね。
 
その患者さん曰く
最近、雑誌かwebで
危ない歯科医療といった感じの
記事の中に書いてあったそうです。

〇 予防は意味が無い
〇 リスク管理検査は儲けるため
〇 予防はコンビニより多い歯科が生き残るためだ

など、だそうです。

直接記事を見たわけではありませんが
患者さん自身が情報を誤って解釈しているかもしれませんし
その記事が大げさに書かれていたのかもしれません。

結局、
この患者さんにこう思わせてしまったのも
コミュニケーション不足が原因です。
 
予防の必要性はお伝えしているはずですが
伝わっていなかったわけです。

ただ、このような方は
増えてくると予想されます。

必要なのは、
理解してもらうためのコミュニケーションです。

一方的な説明ではなく
その人の深層心理の中にある欲求を引き出す
コミュニケーションです。

この仕組みの導入が今後ますます
重要になってくると感じた出来事でした。

関連記事

  1. 8029運動
  2. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  3. EU アマルガム充填禁止
  4. 患者さんから聞かれたら困る質問
  5. コトバを「省略」するリスク
  6. 思い込み
  7. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
  8. 中断率・キャンセル率改善のために
PAGE TOP