ブログ

呼吸機能と歯周病

九州大学によると
歯周病の進行が
呼吸機能の急速低下に関わるそうです。

喫煙などの影響を加味した上でも、
歯周病の進行が最も軽度な集団に比べ、
最も重度な集団は

〇 3年以内に1秒量の急速低下が起きる割合が1.4倍高く、

〇 歯周病が進行している人ほど
  呼吸機能の経年低下速度が急速化しやすい

ことがわかったそうです。

歯周病と様々な全身疾患との関連性に加え
そのメカニズムもはっきりしてきています。

お口に興味を持ってもらうためにも
活用していきたい情報ですね。

関連記事

  1. 歯周病菌とアルツハイマー型認知症
  2. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
  3. 非常時のお口のケア
  4. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  5. 説明するカウンセラーは成約率が低くなる
  6. 補綴物が覚えられないスタッフに
  7. 11月11日はPockyの日!
  8. 介護殺人
PAGE TOP