ブログ

呼吸機能と歯周病

九州大学によると
歯周病の進行が
呼吸機能の急速低下に関わるそうです。

喫煙などの影響を加味した上でも、
歯周病の進行が最も軽度な集団に比べ、
最も重度な集団は

〇 3年以内に1秒量の急速低下が起きる割合が1.4倍高く、

〇 歯周病が進行している人ほど
  呼吸機能の経年低下速度が急速化しやすい

ことがわかったそうです。

歯周病と様々な全身疾患との関連性に加え
そのメカニズムもはっきりしてきています。

お口に興味を持ってもらうためにも
活用していきたい情報ですね。

関連記事

  1. 業績に直結する院内ミーティング
  2. 11月11日はPockyの日!
  3. 歯科医院経営通信Vol.57 「コミュニケーションで業績を伸ばす…
  4. 思い込み
  5. 旬な情報の有効活用
  6. 歯科医院経営 トリートメントコーディネーターの育成について
  7. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  8. 認知症介護経験によって中高年層の意識や行動に変化あり
PAGE TOP