ブログ

補綴物が覚えられないスタッフに

「補綴物の種類が沢山あって覚えられません!」
こう言われるスタッフもいます。

「大丈夫です。分かっています!」というスタッフに
実際に説明をしてもらうと
全く分かっていないこともあります。

沢山あると言っても
10種類程度だと思いますが
これがなかなかスタッフには覚えられないようです。
 
覚えられない方の傾向として
「補綴物の名前」と「長所」「短所」を
言葉のまま、丸暗記しようとしています。

理解しないまま覚えているので
これでは説明をする時でも
補綴物そのものの説明に終始します。

患者さんのニーズを引き出し、
それに適したものというアプローチが難しくなります。

まずは、
メタル系、レジン系、セラミック系の
素材の特徴を理解してもらうところから始めると
理解度が高まる傾向があります。

このあとに
それぞれの素材で特徴的なもの
複数の素材の組み合わせの物
などを覚えてもらうようにしています。

スタッフがなかなか補綴の説明ができない…
そんな時にはぜひ試してみてください。

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.54【スタッフ教育で悩んだら】
  2. 噛めるお口がもたらす健康
  3. 自費と保険という区別を最初に考えるスタッフ
  4. I メッセージを活用する
  5. 歯科医院経営通信Vol.50 【患者さんとの信頼関係を築く】
  6. 「新患が増えれば何とかなる」「いいスタッフが来れば何とかなる」の…
  7. 歯科医院経営通信Vol.57 「コミュニケーションで業績を伸ばす…
  8. 自費は、「見た目」か「健康」か「長持ち」か…?
PAGE TOP