ブログ

新東京歯科技工士学校とベトナムの大学が連携

東京滋慶学園・新東京歯科技工士学校が
ベトナム・ホーチミン医科薬科大学
オドント・ストマトロジー学部との間に
歯科技工分野の専門人材育成と
歯科医療サービスの質向上を目的とする
協力協定を締結したそうです。

かつて
中小企業の海外進出のお手伝いもしていましたが
ベトナムの経済発展は凄かったです。

あわせて賃金の上昇もあり
人々の生活は都市部では豊かになっています。
 
7年前ぐらい前には
美白ブームが訪れ
ホワイトニングなども広がっていました。
 
最近の細かい情勢については分かりませんが
技工分野にもマーケットが広がっていることが伺えます。
 
歯科そのもので
東南アジアに海外進出しても
まだ富裕層や駐在員ターゲットになると思いますが
色々なアプローチでマーケットを開拓できるかもしれませんね。

 

 

関連記事

  1. 令和2年度の歯科診療報酬改定案
  2. 歯科医院経営通信Vol.59 「高齢者の潜在的需要を掘り起こす」…
  3. 歯科医院経営通信Vol.75 「新型コロナウィルス対策 動いて耐…
  4. 歯の神経が再生する治療
  5. 歯科医院経営通信Vol.77 「診療時間を伸ばさずユニットも増や…
  6. 学習する組織
  7. 歯科医師の陽性率0.7% ソフトバンクグループ調べ
  8. 歯科に導入されるAI
PAGE TOP