ブログ

ポケットデンチャーの患者さんいませんか?

義歯が合わなくなった患者さんの中で

調整することをあきらめ、

日常で義歯をしていない方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

そういう方はこう言います。

「噛めてるよ!」

そんな馬鹿な…ですが

真剣にそう言われます。

「最近、歯茎で噛めるようになってきた」

などという恐ろしいことを平気で言われます。

結局、食べ辛いものは

無意識のうちに食べなくなります。

噛みにくいものは

小さく切って食べるようになります。

この状況を思い出してもらうことが必要です。

弊社作成の義歯スライドでは

この状況を思い出してもらうための仕掛けが組み込まれています。

さらに、なぜ歯で噛む必要があるのかを

理解してもらう必要があります。

この理解のために

ポケットデンチャーのリスクを説明するツールも活用しています。

患者さんの健康のためにもポケットデンチャーは無くしていきたいですね。

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.102「自費治療に抵抗があるスタッフ、い…
  2. いちごから乳酸菌
  3. 認知症の悲しい事実
  4. 口腔内の特定細菌が食道がんに影響
  5. 口の衰えが死亡リスクを高める
  6. アイキャッチを考える
  7. 正しく座って正しく食べることの重要性
  8. 歯科医院経営通信Vol.50 【患者さんとの信頼関係を築く】
PAGE TOP