ブログ

ポケットデンチャーの患者さんいませんか?

義歯が合わなくなった患者さんの中で

調整することをあきらめ、

日常で義歯をしていない方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

そういう方はこう言います。

「噛めてるよ!」

そんな馬鹿な…ですが

真剣にそう言われます。

「最近、歯茎で噛めるようになってきた」

などという恐ろしいことを平気で言われます。

結局、食べ辛いものは

無意識のうちに食べなくなります。

噛みにくいものは

小さく切って食べるようになります。

この状況を思い出してもらうことが必要です。

弊社作成の義歯スライドでは

この状況を思い出してもらうための仕掛けが組み込まれています。

さらに、なぜ歯で噛む必要があるのかを

理解してもらう必要があります。

この理解のために

ポケットデンチャーのリスクを説明するツールも活用しています。

患者さんの健康のためにもポケットデンチャーは無くしていきたいですね。

関連記事

  1. 入れ歯の手入れの差によるリスク
  2. 緑茶を1日4杯以上飲んでいる人で約1.6本の歯が多かった
  3. 認知症の治療薬と口腔ケア
  4. お菓子のメーカーと口腔機能
  5. 新型コロナウイルスの様々な情報に振り回されていませんか?
  6. 自費治療をすぐに増やす方法
  7. 【セミナーのお知らせ】設備投資無し医院拡張無しでも成功する『逆転…
  8. オーラルフレイルを伝える
PAGE TOP