ブログ

カウンセリングの回数は何回が適正?

カウンセリングを導入されている医院も
最近は増えていると思います。

「カウンセリングは何回が適正なんでしょうか?」
というような質問を受けることがあります。

結論から言えば、

大型自費の多い医院ほど回数が多いようです。

自費額が少ない医院は

1回のカウンセリングでだめなら

そのまま保険の治療に移り治療が終了します。

もちろん、インレー1か所程度の治療ならば

すぐに治療が終わるので、アプローチは少なくても当然ですが

治療範囲が広い、治療に時間がかかるようなものならば

何度もカウンセリングをする方が

自費を選んでもらえる確率は高くなります。

例えば、診療時間60分のうち、

治療は30分、カウンセリング30分という振り分けで

進めていると特に大型の自費治療の成約率は高まります。

もちろん、「カウンセリング=説明」ととらえると

何度もカウンセリングすると押し売りに感じますので

コミュニケーションをしっかり取る

カウンセリングにしていく必要はあります。

カウンセリングの在り方の問題です。

カウンセリングは説明ではなく

コミュニケーションの場です。

大型の治療が必要な患者さんなのに、治療につながらない…

もし、そのようなことでお悩みでしたら

カウンセリングの中身とともに

カウンセリングの在り方や回数も見直してみてください。

関連記事

  1. 自費予防導入のヒント
  2. 歯科医院経営通信Vol.62 「幸せな歯科医院経営」
  3. 学習する組織
  4. 本年もありがとうございました
  5. 歯科医院経営通信Vol.54【スタッフ教育で悩んだら】
  6. 歯科医院経営通信Vol.64「 手元にお金が残る経営」
  7. 2019年の取り組み
  8. 「口腔機能低下症」「口腔機能発達不全症」を活用する
PAGE TOP