ブログ

重度の歯周病になると、噛みしめる傾向

岡山大病院のの研究グループによると

重度の歯周病の人は、無意識に歯をかみしめる傾向があることが

調査をして裏付けられたそうです。


重い歯周病の人は1時間当たり平均6分12秒、

力いっぱい歯を食いしばった時の2割以上の力で歯をかみしめていたのに対し、

症状が軽い人は1時間当たり平均1分24秒に留まっていたのだとか。

ブラキシズムなどのコントロールが、

歯周病の改善にもつながり、健康な生活にもつながっていくことを

患者さんにもお伝えしていきたいですね。

関連記事

  1. ビッグデータが寿命を伸ばす
  2. 非常時のお口のケア
  3. スタッフのコスト意識
  4. 好業績が続く理由
  5. 歯科医院経営通信Vol.67「自費獲得のネックとなる3つの原因」…
  6. 1医院あたり1億円を目指す!生産性を高めるための勉強会
  7. 昨日、3つのご支援先で内覧会を実施しました
  8. セメントとタンパク質汚れを同時除去清浄する洗浄剤
PAGE TOP