ブログ

重度の歯周病になると、噛みしめる傾向

岡山大病院のの研究グループによると

重度の歯周病の人は、無意識に歯をかみしめる傾向があることが

調査をして裏付けられたそうです。


重い歯周病の人は1時間当たり平均6分12秒、

力いっぱい歯を食いしばった時の2割以上の力で歯をかみしめていたのに対し、

症状が軽い人は1時間当たり平均1分24秒に留まっていたのだとか。

ブラキシズムなどのコントロールが、

歯周病の改善にもつながり、健康な生活にもつながっていくことを

患者さんにもお伝えしていきたいですね。

関連記事

  1. コンサルタント的思考整理術
  2. 令和2年度の歯科診療報酬改定案
  3. 光学印象は診療報酬改定に含まれず
  4. フレイルと口腔機能の関連性 骨太方針2019
  5. 自分にあったハブラシを選べるシステム
  6. 被保険者オンライン資格確認へ
  7. 歯科医院経営通信Vol.60 「 トレーニングジムから学ぶモチ…
  8. やりがいとお金のバランス
PAGE TOP