ブログ

子供の夜更かしはむし歯のもと

北海道医療大や北海道大大学院の研究チームによると…

夕食や就寝の時間が遅いと、

子どもが虫歯になるリスクが高まるとの調査結果を発表しました。

なんとなく夜更かしは悪いんだろうという経験則が、

科学的に証明されたということです。

2012年8月から13年2月の間に、

北大病院で歯科外来を受診した16歳以下の230人を調査したものです。

その結果、乳歯のみが生えている2~7歳の子どもは、

就寝や夕食の時間が遅かったり、夕食の時刻にばらつきがあったりすると、

虫歯の数が多いという結果が出ています。

昔から言われている経験則のようなものは、

科学的には違う…などということも少なくありませんが

子供の夜更かしは歯にも悪そうです。

関連記事

  1. 歯周組織でアルツハイマーの老人斑成分を産生
  2. 認知症介護経験によって中高年層の意識や行動に変化あり
  3. 2016年の健康寿命
  4. お米の成分が歯周病を防ぐ?
  5. 高齢者における残存歯と睡眠時間の関係
  6. 歯科医院経営通信Vol.72「コミュニケーションを変革する」
  7. 国が認めているので良いものに決まっている!
  8. 精力剤と歯周病
PAGE TOP