ブログ

噛めるお口がもたらす健康

噛めなければ、身体に様々な悪影響を及ぼします。

●寝たきりになるリスク

●唾液が減ることによる様々な悪影響

●認知症のリスク

など様々です。

他にも「好中球」が減り「リンパ球」が増えるという実験結果も出ています。

これは、直接体に悪影響、そして好影響を与えることを示しています。

好中球は酸化酵素を出します。リンパ球は、生体防御に影響します。

単においしい食事ができなくなるだけではないことを患者さんにも知っていただきたいところですね。

関連記事

  1. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  2. 補綴物が覚えられないスタッフに
  3. 口の衰えが死亡リスクを高める
  4. サルコペニア肥満
  5. 唾液でイグ・ノーベル賞
  6. 自費の補綴物の説明で陥りがちな間違い
  7. ヘルペスとアルツハイマー
  8. 歯科医院経営通信Vol.70「 コミュニケーション心理学 「5感…
PAGE TOP