ブログ

精力剤と歯周病

尚絅大の狩生教授によると、フラボノイドが歯周病による出血抑制などに有効なのだそうです。

歯周病菌はタンパク質を分解する強力な酵素を放出し、歯茎組織や血液中のタンパク質を分解し、出血や炎症を引き起こしますが、フラボノイドが、この酵素を抑制することが判明したということです。

フラボノイドとは、かんきつ類などの植物に含まれる色素の総称で、抗菌・抗酸化作用を持つ種類もあります。

歯周病に有効だったのは、精力剤などとして使用されている生薬イカリソウ由来のフラボノイドなんだとか。

精力剤に使用されているものが歯周病に効いたりするんですね。


関連記事

  1. 口腔環境の悪化が選手の能力低下を生む
  2. 重度歯周病とCOPD
  3. 噛む部位による脳の働き
  4. 噛めるお口がもたらす健康
  5. 唾液でイグ・ノーベル賞
  6. 介護殺人
  7. 11月11日はPockyの日!
  8. 口腔機能低下症と運動機能の低下
PAGE TOP