ブログ

口腔機能低下は自覚と結果に乖離

愛知県歯科医師会による調査・研究によると

問診でオーラルフレイルの可能性がある割合は、

80~84歳の女性が最も高く54.7%でしたが、

実際に検査すると82.8%が口腔機能低下症に該当したそうです。

このように自己認識よりも口腔機能の低下は大きいことが分かります。

実際に診療していても

「私は何でも噛めている」

「私は何でも飲み込めている」

と患者さん自身が言っていても

どう診ても噛めるわけがない口腔環境の患者さんは少なくないはずです。

無意識のうちに噛めないもの、嚥下できないものは

口にしなくなるのが人間です。

● 噛めないはずの歯並び

● 噛めないはずの入れ歯

● ポケットデンチャー

そんなお口の方には、検査を通して悪い「数値」を見て

口腔環境が悪いことに気付いてもらえるように

システム化することをお勧めします。

保険を使った検査から自費治療に興味を持ってもらうことも十分に可能になります。

関連記事

  1. 新型コロナ対策啓蒙動画
  2. お盆休みのお知らせ
  3. 2019年の平均寿命
  4. オーダーメイド化する世代
  5. 歯科医院経営 管理栄養士の活用について
  6. 「口から食べる」ことが全身の健康に関わるメカニズムを解明
  7. 歯科医院経営通信Vol.90 「お金を残す歯科医院経営」
  8. 医療広告ガイドラインについて
PAGE TOP