ブログ

フレイルと口腔機能の関連性 骨太方針2019

「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2019」の原案が公表されました。

「口腔の健康は全身の健康にもつながることからエビデンスを蓄積しつつ、国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策にもつながる歯科医師、歯科衛生士による口腔機能管理など歯科口腔保健の充実、入院患者への口腔衛生管理などの医科歯科連携に加え、介護、障害福祉関係機関との連携を含む歯科保健医療提供体制の構築に取り組む」

という表記がされています。

原案ですが、過去より踏み込んだ表記が見られます。

保険制度の中で変化が見られるかもしれませんが、それを期待するよりもこの流れをしっかり理解し、自費治療に結び付けられるように準備できると良いですね。

関連記事

  1. 「新患が増えれば何とかなる」「いいスタッフが来れば何とかなる」の…
  2. 他の歯科医院との差別化に欠かせないツール
  3. 歯科医院経営通信Vol.60 「 トレーニングジムから学ぶモチ…
  4. 歯科に導入されるAI
  5. 口唇閉鎖不全は年齢が上がるにつれて増えていく
  6. 前歯部のCAD/CAM冠が9月より保険適用見込み
  7. 新東京歯科技工士学校とベトナムの大学が連携
  8. 緊急事態宣言が明ける時
PAGE TOP