ブログ

スタッフのコスト意識

スタッフが設備や備品を乱暴に扱うので腹が立つ!

そう感じる先生も少なくないのではないでしょうか?

ほとんどのスタッフがユニットがいくらするか知りません。

もちろん、マイクロやCTの値段も知りません。

ましてや、タービンの値段などは…。

ご支援の中でスタッフのコスト意識を高めるために、

設備がいくらするかスタッフに聞くことがあります。

ユニットは数十万円、タービンなどは数千円と答え

それを聞いた理事長や院長は、悲しそうに目を伏せます。

コスト意識を高めることは、

設備や物品を丁寧に扱ってもらうだけでなく

「儲かった分を院長だけが独り占めしている」

「給与が安すぎる」などと感情的にスタッフが考えないようにするためにも

必要な要素の1つです。

みなさんの医院のスタッフのコスト意識はいかがですか?

コスト意識を変える取り組みも行ってみてください!

関連記事

  1. 自費と保険という区別を最初に考えるスタッフ
  2. 潜在需要から商品化を図る
  3. 7月5日延期 第19回歯科医院経営効率向上セミナー
  4. 歯科医院経営通信Vol.72「コミュニケーションを変革する」
  5. 口腔機能低下は自覚と結果に乖離
  6. 歯科医院経営 トリートメントコーディネーターの育成について
  7. 差別化と収益
  8. 医療広告ガイドラインについて
PAGE TOP