ブログ

スタッフのコスト意識

スタッフが設備や備品を乱暴に扱うので腹が立つ!

そう感じる先生も少なくないのではないでしょうか?

ほとんどのスタッフがユニットがいくらするか知りません。

もちろん、マイクロやCTの値段も知りません。

ましてや、タービンの値段などは…。

ご支援の中でスタッフのコスト意識を高めるために、

設備がいくらするかスタッフに聞くことがあります。

ユニットは数十万円、タービンなどは数千円と答え

それを聞いた理事長や院長は、悲しそうに目を伏せます。

コスト意識を高めることは、

設備や物品を丁寧に扱ってもらうだけでなく

「儲かった分を院長だけが独り占めしている」

「給与が安すぎる」などと感情的にスタッフが考えないようにするためにも

必要な要素の1つです。

みなさんの医院のスタッフのコスト意識はいかがですか?

コスト意識を変える取り組みも行ってみてください!

関連記事

  1. ユニットも人も増やさず生産性を高めるための勉強会 第3回
  2. HPの内容、大丈夫ですか?
  3. 歯科医院経営通信Vol.60 「 トレーニングジムから学ぶモチ…
  4. 歯科医院経営通信Vol.76 「新型コロナウィルス対策   緊急…
  5. やりがいとお金のバランス
  6. 医療機関が歯科を予約し患者を紹介すると評価される
  7. 歯科医院経営通信Vol.78 「急回復・好業績の今こそすべきこと…
  8. 歯科医院経営通信Vol.64「 手元にお金が残る経営」
PAGE TOP