ブログ

スタッフのコスト意識

スタッフが設備や備品を乱暴に扱うので腹が立つ!

そう感じる先生も少なくないのではないでしょうか?

ほとんどのスタッフがユニットがいくらするか知りません。

もちろん、マイクロやCTの値段も知りません。

ましてや、タービンの値段などは…。

ご支援の中でスタッフのコスト意識を高めるために、

設備がいくらするかスタッフに聞くことがあります。

ユニットは数十万円、タービンなどは数千円と答え

それを聞いた理事長や院長は、悲しそうに目を伏せます。

コスト意識を高めることは、

設備や物品を丁寧に扱ってもらうだけでなく

「儲かった分を院長だけが独り占めしている」

「給与が安すぎる」などと感情的にスタッフが考えないようにするためにも

必要な要素の1つです。

みなさんの医院のスタッフのコスト意識はいかがですか?

コスト意識を変える取り組みも行ってみてください!

関連記事

  1. 昨日、3つのご支援先で内覧会を実施しました
  2. 医療広告ガイドラインについて
  3. 2019年の取り組み
  4. 若返りへの欲求
  5. 50代までに始めたい リタイア後も豊かに過ごすための「終活」セミ…
  6. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  7. カウンセリングの回数は何回が適正?
  8. 社会的接触と寿命
PAGE TOP