ブログ

カウンセリングでは伏線を回収する

お笑いのネタを見ていると、伏線が回収されることがあります。


最初に振っていたコトバや出来事が、後々で何かに結び付く・・・。

その瞬間を目にしたことがあると思います。

皆さんはその時にどう感じましたか?

笑いもあったと思いますが、「おおっ」という驚きとともに

「ああ、あそこの○○がここに結び付くのか」と

強く印象に残ったのではないでしょうか?

この伏線回収というものは、カウンセリングでも使えます。

カウンセリングでも台本のあるもの、

紙を使った説明やスライドでの説明の時には

誰にでも活用できるテクニックとなります。

 

カウンセリングで台本の無いもの

患者さんの話を聞くことが主体になる場合でも

練習次第で活用できるテクニックとなります。

 

想像以上に効果的ですので、ぜひ一度試してみてください。


関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.91 「お金と時間に縛られない経営」
  2. オーダーメイド化する世代
  3. ビッグデータが寿命を伸ばす
  4. スタッフの人件費率が高騰
  5. 歯科医院経営通信Vol.66「文化を紡ぐ歯科医院経営」
  6. パラジウムの金属アレルギーの仕組解明
  7. 歯科医院経営通信Vol.72「コミュニケーションを変革する」
  8. カルテ入力を音声で
PAGE TOP