ブログ

国が認めているので良いものに決まっている!

保険のパラジウム合金が良いものかと言えば、歯科医師のお子さんの口腔内を見れば、一目瞭然かもしれません。

 

歯科医師の口腔内にパラジウム合金があったとしても、そのお子さんにはパラジウムはありません。他の補綴物が入っているはずです。

保険で認められているパラジウム合金を入れない理由は、見た目の問題というよりも、長持ちしにくい、身体に良くない、という判断をされているのだと思います。

一方で患者さんに対してはどうされていますか?

パラジウム合金のリスクを説明すると、何か高いものを売りつけているようでイヤだ、というような判断をされている医院も少なくありません。

説明する義務は医療従事者としてあるのではないでしょうか?これによって、金属アレルギー、アトピーなどに罹患されると一生苦しむ患者さんが出てくるかもしれません。

もちろん、選ぶのは患者さん自身です。

ところで、パラジウム合金のリスクの説明をする中で、国が認めているものなのに良いものに決まっているという認識が多くの患者さんの中にあるように思います。

ただ、この合金の配分では、使用できない国もたくさんあります。日本で認められていても、安全性の面から他国では認められていないものは、他にもたくさんあります。『日本=安全』というのは、もはや当てはまらないのかもしれませんね。

 

結局、安全は、自分で考え購入する時代になっています。

弊社のカウンセリングシステムでは、このような話に限らず、患者さんに興味を持って話を聞いてもらえる内容を”スライド”や”ツール”にまとめ、それらを活用しスタッフ教育を行っています。

関連記事

  1. 学習する組織
  2. 思い込み
  3. 2017年の平均寿命
  4. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
  5. 歯科医院経営通信Vol.56 「利益を上げることに抵抗があるスタ…
  6. 自費治療をすぐに増やす方法
  7. サルコペニア肥満
  8. 認知症介護経験によって中高年層の意識や行動に変化あり
PAGE TOP