ブログ

ライオンの従業員に対する取り組み

ライオンは、「ライオン流健康サポートライオン“GENKI”アクション」を2019年より順次展開するそうです。

内容としては、従業員の健康寄与する行動を「もっとさりげなく、楽しく、前向きなものにリ・デザインする」をコンセプトに、健康意識の向上、自発的な健康行動の実践を促すのだとか。

 将来の健康リスクを予測できる「個人別健康情報システムの構築」に向けては、健康診断・歯科健診に加えて、唾液検査などの健診データを一元化し、いつでも手軽に従業員がアクセスできるシステムを2020年に導入。
 

 更に「予防歯科習慣の浸透」に向けては、従業員自らが予防歯科を実践する仕組みを構築。唾液検査を取り入れた歯科健診の実施により個々の口腔内リスクの把握とセルフケアの実践を促進するとともに、歯科医院におけるプロケア受診の費用補助等により受診率を高め、2020年にはプロケア受診率100%を目指す。

 歯科関連の物品に留まらず、SMTなど検査も提供するライオンらしい取り組みですね。

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.63 「リタイヤ後の人生も豊かなものにす…
  2. セメントとタンパク質汚れを同時除去清浄する洗浄剤
  3. 新東京歯科技工士学校とベトナムの大学が連携
  4. 日本発の新しい骨補填材
  5. 歯科に導入されるAI
  6. 初詣
  7. 事務所を移転しました
  8. 犬用オーラルケアサプリ「ロイテリ菌」を配合
PAGE TOP