ブログ

正しく座って正しく食べることの重要性


2018年に「口腔機能発達不全症」が保険適用になりました。

この背景には、歯並びやかみ合わせに問題が起きている子どもの比率が高まってきていることが関係しているのだそうです。

子どもの歯並びや噛み合わせと、「正しい姿勢で正しく食事をさせること」は、密接な関係があることが証明されてきているそうです。

・深く背もたれに倒れ込んで座って食べない

・座っていても足が宙に浮いたまま食べない

・お皿は持ち上げられるようにワンプレートでは出さない

・しっかりと咀嚼させるために、飲み物は食事と一緒に出さない

など、正しい顔・顎の成長を促すためには必要なことです。

そして、このような姿勢を促せる商品も増えています。

矯正治療を売るのではなく、「お子様の健康な成長の実現」をサポートするという切り口であるなら、歯科でも様々な商品化ができそうですね!

関連記事

  1. オーラルフレイルを伝える
  2. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  3. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  4. ADLからお口の興味を高める
  5. 自費は、「見た目」か「健康」か「長持ち」か…?
  6. 認知症の悲しい事実
  7. 健康寿命と心の関係
  8. 義歯とステーキの関係
PAGE TOP