ブログ

歯周組織でアルツハイマーの老人斑成分を産生

歯周病と様々な病気との関連性が研究されています。

今回はアルツハイマー型認知症との関連性の研究で、人間の『歯周病の歯周組織からアルツハイマー型認知症の脳内老人斑成分が産生される』ことが分かったそうです。

この研究は、九州大学大学院、中国吉林大学などとの共同によるものです。

◎ 歯周病患者の歯茎に脳内老人斑成分アミロイドβが発現される

◎ 歯周病菌により肝臓で炎症を起こしたマクロファージがアミロイドβを産生する

◎カテプシンBが歯周病菌により惹起された炎症マクロファージにおけるアミロイドβ産生の原因酵素となる

噛み合わせとアルツハイマー型認知症の関係に加えて、歯原性菌血症もその関連性が見られると言えそうですね。

関連記事

  1. 嚥下力が落ちた人向けの外食
  2. ポケットデンチャーの患者さんいませんか?
  3. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  4. 噛めるお口がもたらす健康
  5. 歯科医師のケアががん手術後の死亡率を減少させる
  6. 20代から問題になる”ロコモティブシンドローム”
  7. 誤嚥を防ぐ自動販売機
  8. 介護殺人
PAGE TOP