ブログ

金パラ公示価格 10月より2,450円/g

金パラ価格改定の新たなルール「歯科用貴金属の随時改定II」によって、

2020年7月から価格が3ヶ月ごに見直されるされることが決まりました。

2020年4月1日の価格2,083円/gから、

7月1日には 2,662円/gとなり 27.8%(1gあたり579円)の引き上げとなっています。

そして、10月からは2450円/gとなり1gあたり212円の引き下げとなります。

実際にこの見直しで、金パラの治療でも収益があるか、皆さんが実感しているところだと思います。

シルバーやチタン、条件によってはCAD/CAMといった保険の選択肢もありますが、やはりしっかりと自費を増やしていきたいところです。

関連記事

  1. 緊急事態宣言の影響
  2. 今、取り組むべきことは何か ~第19回歯科医院経営効率向上セミナ…
  3. 受診控えにより症状悪化続く
  4. 無料オンラインセミナー 人生を豊かに終えるための「終活」セミナー…
  5. 歯科医院経営通信Vol.75 「新型コロナウィルス対策 動いて耐…
  6. 歯科医院経営通信Vol.78 「急回復・好業績の今こそすべきこと…
  7. 歯科医院経営 管理栄養士の活用について
  8. 『あさイチ』花田信弘教授の出演と出典のデータ
PAGE TOP