ブログ

金パラ公示価格 10月より2,450円/g

金パラ価格改定の新たなルール「歯科用貴金属の随時改定II」によって、

2020年7月から価格が3ヶ月ごに見直されるされることが決まりました。

2020年4月1日の価格2,083円/gから、

7月1日には 2,662円/gとなり 27.8%(1gあたり579円)の引き上げとなっています。

そして、10月からは2450円/gとなり1gあたり212円の引き下げとなります。

実際にこの見直しで、金パラの治療でも収益があるか、皆さんが実感しているところだと思います。

シルバーやチタン、条件によってはCAD/CAMといった保険の選択肢もありますが、やはりしっかりと自費を増やしていきたいところです。

関連記事

  1. 「口腔機能低下症」「口腔機能発達不全症」を活用する
  2. 歯科医院経営通信Vol.79 「自費治療を増やす際の『障壁』につ…
  3. 定期健診が咀嚼能力低下予防に有効
  4. 今年も出ました週刊ダイヤモンドの歯科特集
  5. 歯科医院経営通信Vol.71「患者さんは本当に健康を求めているの…
  6. 他の歯科医院との差別化に欠かせないツール
  7. 歯科医院経営通信Vol.75 「新型コロナウィルス対策 動いて耐…
  8. WHOが歯科定期健診の先送りを推奨(8月11日)
PAGE TOP