ブログ

「また次の機会に」と患者さんに言われないために

新型コロナウィルスの感染が拡大傾向にある中

唾液検査の件数が増えているところもあれば

唾液検査の件数が減っているところもあります。

    

減っている医院は

患者さんから「唾液を出すと飛沫感染のリスクがあるからしたくない」と言われ

スタッフが唾液検査を勧めるのを止めていた・・・

ということがありました。

  

ある地域では、

「学校での歯磨きが禁止」という通達が出ていました。

学校の先生に「唾液が出ると危ないので学校では禁止」と言われているそうです。

  

唾液に関するネガティブなイメージが

ある人もいるかもしれませんね。

   

一方で増えている医院は

「コロナ禍だからこそ、唾液検査を行うことが重要である」

ということを5月からお伝えするようにお願いしていました。

   

唾液検査に限らず

何かを提案する時には

「今」「あなたが」その提案内容をすべき理由を加えるべきです。

     

自費治療に関しても同じです。

この今すべき理由が添えられなければ

「また次の機会に自費にします。今回は保険で。」というケースが出てきます。

   

なぜ今、検査をする必要があるのか?

なぜ今、セラミック治療をする必要があるのか?

なぜ今、矯正治療をするべきなのか?

なぜ今、自費義歯をするべきなのか?

    

貴院のスタッフはこのことに答えられますか?

関連記事

  1. マスク使用者の6割が口臭が気になる
  2. 社会的接触と寿命
  3. 患者さんから聞かれたら困る質問
  4. 自費治療の価値を伝えると自費は頭打ちになる
  5. 歯科医院経営通信Vol.70「 コミュニケーション心理学 「5感…
  6. 自費予防導入のヒント
  7. 歯科医院経営通信Vol.72「コミュニケーションを変革する」
  8. 認知症の治療薬と口腔ケア
PAGE TOP