ブログ

歯科医院経営通信Vol.80 「「押し売り」にならない自費治療提案方法」

◆ 丁寧に説明しているつもりなのに・・・

       

前回のメルマガでは、

自費治療を増やす際の『障壁』について考えてみました。

その中で、

自費治療を安定して獲得するために

最低でもしなければならないことが2つあり、

・自費治療を提案すること

・お口へのモチベーションを高めること

を挙げました。

今回は、自費治療の提案について考えてみたいと思います。

自費治療の提案というと、

『治療の説明』が重要だと考えがちです。

ただ、一方で

患者さんの口腔状況を細かく共有し

治療の説明をしているにも関わらず”

“押し売りされた”

“強く勧めてくる”

というようなことを

ネット上に書き込まれたり

受付が患者さんに言われたりすることもあります。

◆ なぜ「押し売り」と感じる患者さんがいるのか?

     

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

それは患者さんが求めていない説明を

しているからかもしれません。

「口腔状況を元に説明しているので

求めていることを説明してるはずだ・・・」

残念ながらこの理論は

ほとんどの患者さんに通用しません。

続きは無料メルマガで…

お申し込みはこちらから

www.seto-co.jp/sendmail/index.php

関連記事

  1. 勘違いさせる情報の蔓延
  2. 中断する患者さんへの対応
  3. 前歯部のCAD/CAM冠が9月より保険適用見込み
  4. 歯科医院経営通信Vol.68「中断を防ぐために取り組むべきこと」…
  5. 自費治療の価値を伝えると自費は頭打ちになる
  6. カンファレンスの効果
  7. 新型コロナウィルス対策でキャッシュフローを強化
  8. 犬用オーラルケアサプリ「ロイテリ菌」を配合
PAGE TOP