ブログ

口腔ケアとコロナの関係を知っているのは7%

日本歯科医師会が全国の15~79歳の男女1万人に行った「歯科医療に関する一般生活者意識調査」によると・・・

       

国民の4割は、歯周病によってウイルス感染しやすくなる可能性を認知しているようです。

  

ただし

  • 口腔清掃がインフルエンザ感染リスクを下げることを知っているのは2割
  • 新型コロナウイルス感染の重症化リスクを軽減する可能性については、たった7%のみ

という調査結果が出ています。

 

通院していない人も多いはずですが、それでも7%という数値は認知度の低さを表しています。

この調査の中で、現在通院を中断している人の理由のトップが「新型コロナ感染リスク」で約45%となっています。

  

このことからも、具体的にインフルエンザやコロナとの関係をお伝えしていく必要がありそうです。

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.55【「そんなに長生きしないから保険でい…
  2. MFT(口腔筋機能療法)の活用
  3. 歯科医院経営通信Vol.50 【患者さんとの信頼関係を築く】
  4. 歯科医院経営通信Vol.60 「 トレーニングジムから学ぶモチ…
  5. 1医院あたり1億円を目指す!生産性を高めるための勉強会
  6. 歯科医院経営通信Vol.79 「自費治療を増やす際の『障壁』につ…
  7. 歯科医院経営通信Vol.81 「患者さんに話が上手く伝わらない方…
  8. 「口から食べる」ことが全身の健康に関わるメカニズムを解明
PAGE TOP