ブログ

患者さんを誉めることの重要性

歯科において患者さんは

〇 悪いところばかり指摘される

〇 ずっと叱られているような気分になる

こういう意見があります。

確かに、歯科医院においては

〇 問題が何か起きて来院

〇 予防(悪化させない)のために来院

という流れであり、検査をして指摘されるのは基本的に悪いところ。

予防でも、目的は現状維持であり、

1年継続しても、2年、3年と経つ中で

「変化していないのに来る必要があるの?」

「金儲けのために通わせ続けているんじゃないの?」

と感じる患者さんもいらっしゃいます。

 

スタッフも患者さんを誉めてはいるはずなんですが

患者さんにとっても気になるのは「悪いところ」。   

相当意識的に誉めることをしなければ、

悪いところばかり指摘される・・・という感覚になるのでしょう。

  

スタッフを叱るばかりで誉めなければ、スタッフが動かないのと同様

患者さんも悪い箇所を指摘するだけでは、通院継続は難しいのです。

 

患者さんの誉め方を考え、そして誉める時間を診療の流れに組み込む。

当たり前のようで見落としがちなことかもしれませんね。

関連記事

  1. 「健康」のアプローチが効きにくい人がいる理由
  2. 歯科医院経営通信Vol.70「 コミュニケーション心理学 「5感…
  3. 8029運動
  4. 噛めていないのに噛めていると言う患者さん
  5. 自費治療の価値を伝えると自費は頭打ちになる
  6. 歯科医院経営通信Vol.69「 コミュニケーション心理学 「相手…
  7. 「また次の機会に」と患者さんに言われないために
  8. 歯科医院経営通信Vol.51【患者さんとの信頼関係を築くⅡ】
PAGE TOP