ブログ

聞かれたら困る質問、放置していませんか?

日常の診療中やカウンセリングにおいて

患者さんに言われて困ってしまった質問や発言があると思います。

    

「もうそんなに長生きしないから、良い治療をしても勿体ない」

「歯が無くても、何でも食べられるし困っていない」

「また次の機会に、良い治療を選びたいと思います。」

「良い入れ歯を作っても、どうせ作り直さないといけないので・・・」

「銀歯は固いので、耐久性の高い銀歯でいいです。」

「他の歯医者では半年に1回だったのに、なぜ3ヶ月に1回も来ないといけないの」

などなど  

   

その他にもスタッフが言われて困った質問や発言があるはずです。

そして、この質問や発言に応えられず

その場をなんとなくごまかして、切り抜けているケースが多いようです。

  

こういう質問や発言があれば、院内で共有し回答を考える取り組みをお勧めします。

  

ほとんど出てこない質問・発言から、頻発する質問・発言まで様々ですが

このようなものに対する回答を考えることで、引き出しが必ず増えていきます。

 

実践力を磨くためにも試してみる価値のある取り組みです。

関連記事

  1. 2019年の取り組み
  2. 今、取り組むべきことは何か ~第19回歯科医院経営効率向上セミナ…
  3. 中断率・キャンセル率改善のために
  4. 日本発の新しい骨補填材
  5. 光学印象は診療報酬改定に含まれず
  6. 金パラ公示価格 10月より2,450円/g
  7. 歯科医院経営通信Vol.75 「新型コロナウィルス対策 動いて耐…
  8. 歯科医院経営通信Vol.81 「患者さんに話が上手く伝わらない方…
PAGE TOP