ブログ

東京歯科大学が慶應義塾大学と合併

なんと東歯が慶應の歯学部になるというニュースが昨日流れました。

    

学校法人慶應義塾は学校法人東京歯科大学からの申し入れを受け、

2020年11月26日の評議員会において、

東京歯科大学歯学部の統合と法人合併の協議開始を決定、発表されました。

統合と法人合併は2023年4月を目途とするそうです。

これによって、慶應義塾大学は日本で初めて医療系4学部(医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部)を擁する総合大学となります。

  

東京歯科大学だからこそ選べた選択肢だとは思いますが、

歯科大学の統廃合が今後進むのかもしれませんね。

関連記事

  1. ビッグデータが寿命を伸ばす
  2. 好業績が続く理由
  3. 第19回歯科医院経営効率向上セミナー 残り4席です!
  4. 第19回歯科医院経営効率向上セミナーのご案内
  5. 新東京歯科技工士学校とベトナムの大学が連携
  6. 歯科医院経営通信Vol.64「 手元にお金が残る経営」
  7. 歯科医院経営通信Vol.63 「リタイヤ後の人生も豊かなものにす…
  8. 歯科医院経営通信Vol.66「文化を紡ぐ歯科医院経営」
PAGE TOP