ブログ

6〜8月に歯科医師ら52人新型コロナ感染

第3波を迎えている新型コロナ。

ある調査によると、どうしても『歯科医院で新型コロナのクラスターが起こった』というニュースが流れた地域は、中断した患者さんの戻りが遅いようです。実際にはクラスターでは無かったとその後分かっても、最初の印象が相当強いと考えられます。

  

都道府県歯科医師会専務理事連絡協議会によると21都道府県で6~8月に歯科医師17人、歯科衛生士21人、スタッフ14人の感染事例が確認されているそうです。

ただ、8月末時点で歯科治療を通じての感染事例報告は無いとのこと。

 

この辺りの認識のずれが起きているかもしれませんので、今一度、患者さんにはお伝えしておくと良いですね。

関連記事

  1. 正しく座って正しく食べることの重要性
  2. 新型コロナ関連破綻413件に
  3. 東京歯科大学が慶應義塾大学と合併
  4. 歯周病で新型コロナによる死亡リスク8.8倍
  5. 歯科医院の新規開業の準備に欠かせないもの
  6. 認知機能は残存歯よりも噛み合わせに関連する
  7. 本年もありがとうございました
  8. 65歳以上高齢者、2020年は3617万人・総人口の28.7%
PAGE TOP