ブログ

むし歯菌が脳卒中リスクを高める

国立循環器病研究センターの研究グループによると

虫歯の原因菌であるミュータンス菌の一種が

脳卒中のリスクを高めることが分かったそうです。

    

『口の中に菌(cnm陽性ミュータンス菌 )を保有する21人は保有しない90人に比べて、治療後も微小な脳出血が4.7倍多く起きていた。』ということでした。

  

数年前に、同研究チームが「むし歯菌、脳出血発症にも関与」ということで発表していましたが、さらに研究が進んでいるのでしょうか。

    
 微小な脳出血が起きると、脳梗塞や脳内出血のほか、認知症のリスクも高まります。歯周病菌に加え、むし歯菌も体に大きな悪影響を与えるという例です。

 

患者さんの健康意識を高めるために活用したい情報でした。

関連記事

  1. 歯周病と2型糖尿病の関係
  2. 2050年には認知症患者が世界で1億5200万人に
  3. ポケットデンチャーの患者さんいませんか?
  4. 国が認めているので良いものに決まっている!
  5. 正しく座って正しく食べることの重要性
  6. ビッグデータが寿命を伸ばす
  7. コロナフレイル
  8. 『あさイチ』花田信弘教授の出演と出典のデータ
PAGE TOP