ブログ

たばこの受動喫煙によりむし歯リスクが1.5倍に

岡山大学の研究グループによると

家庭で10年以上、

たばこの煙を浴びた若者が虫歯になりやすいことが分かったそうです。

受動喫煙の経験がない若者と比べ、

受動喫煙の経験がある若者は、虫歯リスクが約1・5倍高いということです。   

調査対象は2019年に岡山大に入学した全2241人。

20歳以上や本人が喫煙者であるケースなど336人を除き、1905人の回答を解析していますので、本人の喫煙バイアスは取り除かれています。

 

たばこは吸っている本人だけでなく、子どもを含めて悪影響を及ぼします。

受動喫煙の悪影響は、健康面から多くの研究がされていますが、

今回はむし歯リスクを高めることが分かりました。

患者さんにもお伝えしたい情報ですね。

関連記事

  1. 緊急事態宣言を受けて
  2. 骨太の方針2021
  3. 歯科医院経営通信Vol.81 「患者さんに話が上手く伝わらない方…
  4. パラジウムに政府の支援金検討
  5. 【動画配信のお知らせ】設備投資無し医院拡張無しでも成功する『逆転…
  6. 嚥下障害の専門センター
  7. 10月からの消費税率アップに伴って
  8. 歯科医院経営通信Vol.63 「リタイヤ後の人生も豊かなものにす…
PAGE TOP