ブログ

歯の再生治療薬につながる中和抗体開発に成功

福井大学と京都大学などの研究チームが

歯の再生治療薬につながる中和抗体の開発に成功したそうです。

    

中和抗体によって歯の発生を抑制しているタンパク質が無効化され、

口内に余分にある歯の原基を成長させる効果を

マウスなどの実験で確認したということで

今後は、先天性無歯症の治療に加え、

虫歯などで永久歯が失われても

後継となる歯を形成できる治療法の確立を目指すそうです。

  

まだマウスでの実験の段階ですので、

治療法確立までは時間を有すると思いますが

歯も再生できる時代が来るんですかね。

関連記事

  1. 3Dプリンターでデンチャーのデザイン
  2. 6月の保険点数の昨年対比は増減なし
  3. 定期歯科健診の受診行動、歯科医院側の環境が影響
  4. 被保険者オンライン資格確認へ
  5. 歯科医院経営通信Vol.65「生産性の高い経営」
  6. 歯科医院経営通信Vol.81 「患者さんに話が上手く伝わらない方…
  7. ポケットデンチャーの患者さんいませんか?
  8. 認知症介護経験によって中高年層の意識や行動に変化あり
PAGE TOP