ブログ

歯科医院経営通信Vol.86 「お金も時間も得るための経営」

◆ お金にも時間にも縛られないために

 

現役のうちは

時間にもお金にも縛られず、

勉強のため自由に海外へも行き、

趣味や家族との時間も十分取れる。

 

子どもの学費にも余裕があり

好きなことをさせてやれる。

 

リタイヤしても

十分な資金が残っており、

社会との接触を維持するために

週1日程度は医院に顔を出し

それ以外は趣味に旅行に

悠々自適な生活をおくる…。

 

そんな明日や未来を迎えたくはありませんか?

 

そのためには

手元にしっかりお金が残る

生産性の高い経営を

「形」にしておかなければなりません。

 

さらに

歯科医院の宿命ともいえる

「人材の流動性」に対応できるように

しておかなければなりません。

 

◆ 歯科医院の宿命

 

他業種・業界に無い

歯科医院の特徴として

「人材の流動性」が高いことが挙げられます。

 

続きは無料メルマガで…

お申し込みはこちらから

www.seto-co.jp/sendmail/index.php

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】
  2. 中断率・キャンセル率改善のために
  3. 事務所を移転しました
  4. カウンセリングの回数は何回が適正?
  5. 学習する組織
  6. 歯科医院経営通信Vol.79 「自費治療を増やす際の『障壁』につ…
  7. 「新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の解除を踏まえ今後を…
  8. 入れ歯の手入れの差によるリスク
PAGE TOP