ブログ

肥満・糖尿病でオーラルフレイルリスク

生活習慣病患者の中で肥満や糖尿病がある人は、オーラルフレイルのリスクが高いことを大阪大学が発表しました。

栄養状態の悪化とは真逆の状態にあると考えられる肥満、すなわち過栄養でもオーラルフレイルを認めるかはよくわかっっていませんでしたが、今回分かったというものです。

新型コロナによって、高齢者の外出控えによる社会機接触の減少が問題になっています。また、歯科への通院を避けて口腔内が悪化している方も増えているようです。

フレイルに向かって一直線・・・という構図が見えてしまいます。

患者さんには正しい情報を知ってもらい、健康な生活を送ってもらいたいところです。

関連記事

  1. ヘルペスとアルツハイマー
  2. 口腔内の特定細菌が食道がんに影響
  3. お菓子のメーカーと口腔機能
  4. 歯科医院経営通信Vol.56 「利益を上げることに抵抗があるスタ…
  5. マスク使用者の6割が口臭が気になる
  6. 伝えたいことを伝えるツール
  7. 歯科医院経営通信Vol.57 「コミュニケーションで業績を伸ばす…
  8. 歯周病と2型糖尿病の関係
PAGE TOP