ブログ

歯の本数によって認知症医療費に大きな差

歯の本数や歯周病の重症度が認知症の医療費と関連性することが、日本人対象の研究から明らかになってきました。

口腔環境と認知症の関係は様々な研究が進められていますが、医療費からのアプローチは今まで無かったそうです。

愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座の嶋﨑義浩氏らが、三重県在住高齢者の医療データを解析した結果です。

認知症の人の医療費について、

〇 まず残っている歯の本数で比較すると、20本以上ある人に対して、9本以下の人の認知症医療費比は3.79倍であり、有意に高額だった(P=0.006)。

〇 CPIが0~2の人に対して、CPIが4の人の医療費比は4.04倍高額だった(P=0.009)。なお、歯の本数が10~19本の場合やCPIが3の場合の医療費は、対照群と有意差がなかった。

ということです。

健康もお金も失うリスクを下げるためにも口腔ケアは重要ですね。

関連記事

  1. 2019年の取り組み
  2. 「健康」のアプローチが効きにくい人がいる理由
  3. 新型コロナで歯科受診を控えたい61.7%
  4. 新型コロナウイルスの様々な情報に振り回されていませんか?
  5. 50代までに始めたい リタイア後も豊かに過ごすための「終活」セミ…
  6. 自費予防導入のヒント
  7. 2019年の平均寿命
  8. 入れ歯でスマイルフォトキャンペーン
PAGE TOP