ブログ

黒くならない!象牙質をカバーする新しい複合体

岡山大学学術研究院医歯薬学域(歯)の高柴正悟教授らの研究グループがむし歯や知覚過敏症となる歯の象牙質をカバーする新しい複合体を開発したそうです。

      

これは、歯に付着する酸化グラフェンを銀イオンとフッ化カルシウムと結合させたものです。

むし歯の進行を抑制するために用いるサホライドでは「真っ黒」に変化し塗布したことが分かりました。

しかし、この新しく開発されたものは歯の象牙質の色で留まります。

今後は、動物実験で効果を確認した後に、人への応用が計画されているそうです。まだ時間はかかりそうですが、新しい材料がどんどん出てきますね。

関連記事

  1. 令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援 補助金
  2. 歯科医院経営通信Vol.63 「リタイヤ後の人生も豊かなものにす…
  3. パラジウムに政府の支援金検討
  4. 歯科医院経営通信Vol.95 「売上を求める経営からの脱却」
  5. 新東京歯科技工士学校とベトナムの大学が連携
  6. 歯科医院経営通信Vol.93 「50歳を目前から始めた医院改革!…
  7. 自費治療をすぐに増やす方法
  8. カンファレンスの効果
PAGE TOP