ブログ

30代以上の高血糖と歯の本数の関係

30代以上の年代において、

  • HbA1c値や空腹時血糖値が高いほど歯の本数が少ないこと
  • 糖尿病予備群(空腹時血糖110-125mg/dl)においても正常値群(同110 mg/dl未満)と比べて歯数が少ないこと
  • 高血糖と喫煙の条件が重なることで歯の喪失リスクがより高まること

が分かってきました。

この発表は、 国立大学法人滋賀医科大学 前川聡 教授、森野勝太郎 准教授の研究グループとサンスター株式会社が共同研究 によるもの。

定期健康診断結果と医療機関の診療情報(レセプト)を基データとして、年代ごとに血糖コントロール指標と歯の本数の関係を分析したそうです。

また、第63回秋季日本歯周病学会学術大会(2020年10月15日(金)~11月30日(月)、於:ウェブ開催)においては、

HbA1c≥7.0%に該当する血糖コントロール不良者は、非該当者と比べて多くの部位の歯を失っていましたが、特に下顎大臼歯(奥歯)を失った人の割合に大きな差がある

ということも発表されています。

これらの結果からも、

  • 糖尿病と診断されたり、健康診断で糖尿病予備群と指摘された際には、生活習慣の改善とともに、早期に歯科検診を受ける必要がある
  • 血糖値が高い方は、奥歯の歯周病・う蝕の予防や治療を念入りにすることが重要

ということが分かります。

関連記事

  1. 大腸がん、唾液検査で早期発見に期待
  2. 6〜8月に歯科医師ら52人新型コロナ感染
  3. 旬な情報の有効活用
  4. 子供の夜更かしはむし歯のもと
  5. ビッグデータが寿命を伸ばす
  6. 口腔機能低下症と運動機能の低下
  7. 2016年の健康寿命
  8. 12歳児DMF歯数0.74本 過去最低を更新
PAGE TOP