ブログ

健康保険適用の白い被せ物はすべての奥歯に適用できる可能性を報告 東北大

東北大学大学院歯学研究科の江草宏教授の研究によるとCAD/CAM冠は全ての奥歯に適用できる可能性があるとのことです。

【発表のポイント】

  • CAD/CAMで製作した金属を使わない白い被せ物(CAD/CAM冠)を、大臼歯に装着した場合の治療成績を調べた。
  • CAD/CAM冠を装着した362本の大臼歯について、最長4年間の経過を調査した結果、生じたトラブルの多くは、懸念されていた冠の破折ではなく、冠の脱離であり、そのほとんどは再装着によりそのまま使用可能だった。
  • 健康保険が適用されていない第二大臼歯へのCAD/CAM冠の治療成績は、健康保険が適用されている第一大臼歯CAD/CAM冠の成績と同等だったことから、すべての奥歯にCAD/CAM冠が適用できる可能性が示唆された。

    

冠の破折は見られませんが、やはり冠の脱離はあります。「経営」としては、そこをどう考えるか、という問題はありますね。               

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.82 「コミュニケーションで起きる「省略…
  2. 前歯部のCAD/CAM冠が9月より保険適用見込み
  3. 来て欲しい患者さんを口コミで増やす為にしておくべきこと
  4. 歯科医院経営通信Vol.96 「患者さんに継続通院してもらうため…
  5. セメントとタンパク質汚れを同時除去清浄する洗浄剤
  6. 歯の神経が再生する治療
  7. 令和4年度診療報酬改定に向けた評価対象治療および技術
  8. 昨日、3つのご支援先で内覧会を実施しました
PAGE TOP