ブログ

血液中のアンモニア濃度が高くなるとアルツハイマーのリスクを高める

血液中のアンモニア濃度が上昇すると、

脳内の非神経細胞であるグリア細胞の一つ、

アストロサイトでのアミロイド前駆タンパク質(APP)量が上昇し、

アルツハイマー病の特徴である

老人斑の主要な構成成分とされるアミロイドβ42が

増加することが分かってきました。

   

新潟大学の口腔生化学分野の照沼美穂教授らの研究グループによるものです。

           

アンモニアがアルツハイマー型認知症のリスクを高めるということは、

今までに無い新薬開発のアプローチになるかもしれませんね。

         

そして、アンモニアを体に貯めない食生活を考えれば、

便秘は避けなければなりません。

バランスの良い食事ができる口腔環境というのは、やはり大切ですね。

関連記事

  1. 開口力と嚥下障害の関連性
  2. 健康マイレージ事業
  3. 口腔ケアとコロナの関係を知っているのは7%
  4. 歯周病で新型コロナによる死亡リスク8.8倍
  5. 歯周病菌がサルコペニア促進に関与
  6. 精力剤と歯周病
  7. 国が認めているので良いものに決まっている!
  8. 2016年の健康寿命
PAGE TOP