ブログ

肥満で歯周病が悪化するメカニズム発見 岡山大学

岡山大によると、肥満になると、タンパク質の生成を阻害する2種類の微小物質「マイクロRNA」が多く発現して歯周病を悪化させるとのことです。

  

今までも肥満になると、歯周病になりやすいことは分かっていましたが、今回はそのメカニズムが発見されました。

 

脂肪細胞から発現したとみられるマイクロRNAが、メッセンジャーRNAに悪影響を与え、歯肉や歯を支える骨のもととなるタンパク質の生成を阻害し、歯周病を悪化させているということです。

  

現在ラットでの研究段階で、人間に対してはこれからになるそうですが、他にも様々なメカニズムが発見されていますので、こういうニュースは簡単に患者さんにもその都度伝えていきたいところです。

関連記事

  1. 認知機能は残存歯よりも噛み合わせに関連する
  2. 介護殺人
  3. 歯の神経が再生する治療
  4. マスク使用者の6割が口臭が気になる
  5. 噛む部位による脳の働き
  6. 歯の本数が”うつ”発症に関係
  7. 骨格筋の機能維持にはビタミンCが不可欠 
  8. 食事の楽しみと口腔ケア
PAGE TOP