ブログ

ミュータンス菌ががん転移を促進 北海道大学

北海道大学によると
ミュータンス菌によって、
遠隔臓器の血管炎症と血管の透過性亢進が誘導され、
がんの転移が増加することを発表しました。

今回の研究で
血中循環口腔内細菌が、
血管の炎症を介してがん転移を促進する
危険因子の一つであることが明らかになっています。

歯周炎などがあると
口腔内細菌が血中に循環しやすくなるため、
口腔清掃状態を良好に維持し、
口腔細菌の血中への侵入を防ぐことが重要になってきます。
 
周術期管理の重要性が
益々高まってきていると考えられ
歯科での治療やケアがカギになってきそうです。

関連記事

  1. 「歯数とアルツハイマー型認知症との関連」で日本歯科総合研究機構が…
  2. コロナフレイル
  3. 精力剤と歯周病
  4. 新型コロナ対策啓蒙動画
  5. ポケットデンチャーの患者さんいませんか?
  6. 歯科医師のケアががん手術後の死亡率を減少させる
  7. フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言
  8. 健康マイレージ事業
PAGE TOP